トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 虫歯の進行状態と具体的な治療方法

虫歯の進行状態と具体的な治療方法

虫歯の進行状態は、専門用語で虫歯を指す「カリエス」の頭文字の「C」を用いて、C0~C4の4段階に分けられています。進行の度合いによって治療内容も変わってきますので、段階ごとの状況と主な治療方法を確認しておきましょう。

CoCo(シーオー:初期う触)
穴があいたり、黒くなったりしていませんが、歯の表面が溶け始め、虫歯が始まっている状態です。この段階であればフッ素入りの歯磨き粉を使って、きちんと歯磨きをすることで再石灰化させることが可能です。

C1C1(エナメル質う触)
虫歯菌によって歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされ、小さな穴ができた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。この段階では、虫歯の部分を必要最小限削り、保険適用内の白い詰め物をすることで治療が完了します。

C2C2(象牙質う触)
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで達している状態なので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。

虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了します。しかし、歯の深部にまで虫歯が広がっている場合には、麻酔をして患部を削り、型取りをして製作した詰め物を装着することになります。

C3C3(神経まで達したう触)
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かし、神経にまで到達した状態です。激しい痛みを感じる場合が多く、神経が壊死すると細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

C3レベルの治療には根管治療が必要となります。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

C4C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をしますが、症状によっては抜歯しなければならないケースも多い状態です。


トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 虫歯の進行状態と具体的な治療方法


PAGE TOP