トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 虫歯のしくみ

虫歯のしくみ

虫歯のしくみ一般的に言う虫歯(う蝕)とは、口腔内に繁殖した細菌が、食べ物に含まれる糖質を餌にして発生させた酸が歯の表面を溶かして穴を開けていくことを差します。そして、この過程を「脱灰(だっかい)」と呼びます。

初期の脱灰であれば、唾液に含まれるカルシウムやリンによって修復することができ、この現象を「再石灰化(さいせきかいか)」といいます。このように、お口の中では食事をする度に、脱灰と再石灰化が日常的に繰り返されています。

つまり、日々の脱灰と再石灰化のバランスが取れて入れば、治療が必要なほどの虫歯にはならないのですから、毎日の歯磨きや、過重な糖質摂取を控えた健康的な食生活を送ることが一番の虫歯予防なのです。

ただし、過度の脱灰で再石灰化が追いつかなくなり、初期の状況以上に進行してしまった脱灰=虫歯は、二度と自然治癒することはありません。そうなってしまったときには、少しでも早くご相談ください。


トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 虫歯のしくみ


PAGE TOP