トップへ » 治療案内 » 審美歯科治療 » 当院の審美歯科メニューについて

当院の審美歯科メニューについて

審美歯科メニュー患者さま一人ひとりに合わせた審美素材
当院では、最先端の歯科医療技術によって、審美的にも機能的にも患者さまに一人ひとりに合った治療を行っています。そして、「美しくて、機能にも優れた素材」であることから、当院の審美歯科で用いる素材はセラミックが中心です。

「セラミック」といっても実はいろいろな種類があり、さらには、患部の広さや状態によって、詰め物として用いるか、被せ物として用いるかなど、治療方法の幅はとても広いのです。当院では、それらをさまざまに組み合わせることによって、バランスの取れた美しい口元を作り出し、患者さまのご希望にお応えしています。

インレー(詰め物)とクラウン(被せ物)の違い
●インレー(詰め物)
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。ご自身の歯と同じ色で作製されるため、自然な美しさに仕上がります。

●クラウン(被せ物)
部分的な詰め物と異なり、歯をすっぽり覆うような形で作られるものをクラウン(被せ物)と呼びます。セラミッククラウンは陶器のみで作られたクラウンなので、金属アレルギーの心配もありません。また、色調や透明感に優れ、自然の歯に近い見た目を再現できることも特徴の一つ。前歯など、極めて目立つ部分の歯の治療に適しています。

主な審美素材
オールセラミック● オールセラミック
オールセラミックは、金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現。さまざまな素材の中でも、もっとも天然歯に近く審美性の高い人工歯です。自然な色合いと強度に優れ、特に前歯のような見た目が気になる部分に適しています。

ハイブリッドセラミック● ハイブリッドセラミック
オールセラミックでは材質が硬すぎるため、噛む力がかかる奥歯などの場合、噛み合わせる自分の歯を傷めてしまう場合があります。その欠点を改善したものが、ハイブリッドセラミックです。ハイブリッドセラミックは、硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜたもので、噛み合わせる歯に優しく、奥歯に適しています。

ジルコニアセラミック● ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミックとは、オールセラミックの審美性と金属の強度を併せもった素材です。従来のオールセラミックに比べ、より自然な白さがあり、患者さまの口元をより美しく演出してくれます。前歯はもちろん、今までは無理とされてきた奥歯での使用も可能になりました。

メタルボンド● メタルボンド
メタルボンドとは、金属のまわりにセラミックを貼り付けた被せ物です。中身が金属なのでオールセラミックよりも強度が高く、表面がセラミックであることから審美性にも優れています。ただし、金属を用いているため、歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こる可能性も。そういったことから、比較的強度が必要な個所の治療に適している素材といえます。


トップへ » 治療案内 » 審美歯科治療 » 当院の審美歯科メニューについて


PAGE TOP