トップへ » 治療案内 » インプラント » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

STEP1 スキャン
まずは、一般的なお口の中の診査、虫歯や歯周病のチェックやデジタルレントゲンによる診査をし、お体全体の状態も診査します。そして、残っている歯の状態を診査し、歯を喪失した箇所については、あごの骨の状態も確認します。
次へ

STEP2 CT検査
インプラント治療に必要な検査を、さらに詳しく行う段階です。歯科用CTを用いて、インプラントを埋入する部位の骨の量や骨の質などをチェック。CT(断層撮影)は、体を何層もの輪切りにしたような状態で撮影することにより、レントゲンでは2次元でしか得られない情報を、3次元で見られるようにする装置です。
次へ

STEP3 治療計画
STEP1・STEP2の検査結果をもとに、それぞれの患者さまに合った治療計画を立てます。患者さまのご希望と医師の専門的な見解を踏まえて、治療の方針、治療期間、治療費用などに関してご説明いたします。
次へ

STEP4 埋入手術
手術には1回法と2回法があります。当院では、患者さまの骨の状態によって、どちらの方法を用いるか判断します。2回法は複雑な処置を併用した場合の手術で、一旦はインプラント全体を歯肉に埋入させて、2~3か月程度経過したところで一部を歯肉の上に出す方法になります。
次へ

STEP5 治療期間
手術後は、インプラントとあごの骨がしっかりくっつくまで、約3か月程度の治癒期間をおきます。この間は、仮歯を使用出来ますので、歯がなくなる心配はありません。
次へ

STEP6 型取り
インプラントとあごの骨がしっかりくっつきましたら、インプラント部の型取りをします。型をとったものを元に、インプラントに合わせた上部構造を作製し、取り付けます。
次へ

STEP7 メンテナンス
上部構造を装着したら、インプラント治療は終了です。治療後は、装着したインプラントを長期間良好な状態に保つために、定期的な検診が必要です。また、ご自宅でのホームケアも心がけていただきたいと思います。


トップへ » 治療案内 » インプラント » インプラント治療の流れ


PAGE TOP