トップへ » 治療案内 » インプラント » インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

インプラントインプラントの構造について
インプラントは、歯根部分と上部構造からできています。まず、あごの骨の中に人工歯根を埋入して数か月間おき、人工歯根があごの骨にしっかり固定された後に上部構造を装着します。

天然歯と変わらない「噛む機能」を
取り戻すことができる

人が物を噛むときの力は想像以上に大きいものですが、人工歯根をあごの骨に埋め込むことで、天然歯と変わらない「噛む機能」を取り戻すことができるので、硬い食べ物などを強く噛むことも可能です。

また、上部構造の歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と変わらない仕上がりを実現します。入れ歯のような違和感はなく、ブリッジのように周囲の健康な歯に負担をかけることもありません。

<インプラントのメリット>
●自分の歯と同じような感覚で物を噛めます。
●隣の歯を削らずに治療ができます。
●医師の指示通りにメンテナンスをすれば、長期間使用できます。
<インプラントのデメリット>
●外科的な手術が必要となります。
●健康保険適用外のため、比較的高額な治療となります。


トップへ » 治療案内 » インプラント » インプラント治療とは?


PAGE TOP