トップへ » 治療案内 » 義歯 » 噛むことと認知症の関係について

噛むことと認知症の関係について

噛むことと認知症の関係咀嚼(口の中で食べ物を良く噛み砕き、味わうこと)は、脳への刺激となることから、認知症と関連性があるのではないかと考えられています。

実際に、認知症が進んでいる高齢者の中には、合っていない義歯を使用していたり、流動食に頼っているケースが多いのです。

さらには、義歯の噛み合わせを調整し、きちんと噛んで食事をする習慣を取り戻した結果、認知症の症状が改善したという報告も少なくありません。

もちろん、しっかり噛むためには、自分自身の歯を残すことが理想です。それが叶わなかった場合の次善策として、義歯をしっかりと調節することが大切なのです。


トップへ » 治療案内 » 義歯 » 噛むことと認知症の関係について


PAGE TOP