トップへ » 治療案内 » 患者さまとのエピソード » 保険外の治療で、美しい口元と噛める生活を取り戻した患者さまの話

保険外の治療で、美しい口元と噛める生活を取り戻した患者さまの話

男性50代の男性の患者さま

右下の奥歯が2本分痛く、1本は少し動くが抜歯はしたくないので、どうにか2本とも残して治療してほしいとのことでした。

結局、レントゲンを見て、抜髄になりました。1本はだいぶ歯周病がすすみ、骨が少なくなっていましたが、患者さまの希望もありましたので、根の治療が終了したあとの補綴は、根にやさしい保険外のセレックを説明しました。なるべく長く歯を保てるように提案しました。

保険外のものを入れて、今は普通に噛めていることに喜びを感じていました。


トップへ » 治療案内 » 患者さまとのエピソード » 保険外の治療で、美しい口元と噛める生活を取り戻した患者さまの話


PAGE TOP