トップへ » 治療案内 » 患者さまとのエピソード » 「なんでも噛めて本当に助かっている」

「なんでも噛めて本当に助かっている」

女性40〜50代女性、事務職の患者さま
顎関節症のため、あまり口があかないので欠損部をインプラントにしたくない、なんとかならないかということで来院されました。

レントゲンを見て、歯を残せそうか確認し、残せなさそうなところは全部抜歯するのではなく、半分を抜歯し、それを土台としてセラミックのブリッジを入れることにしました。

最初はずっと噛んでいなかったところなので違和感がとてもある、と言っていたが、最近はなんでも噛めて本当に助かっていると言っていただきました。


トップへ » 治療案内 » 患者さまとのエピソード » 「なんでも噛めて本当に助かっている」


PAGE TOP