トップへ » 治療案内 » 矯正歯科治療

【矯正歯科】歯並びに関するさまざまな悩みをお持ちの方へ

こんな悩みをお持ちの方はいませんか?

●歯並びが悪い
●歯並びがずっと気になっている
●発音が昔から悪い
●食べる効率が悪い

といっても、その悩みの度合いや「どこをどう治したいのか」ということには個人差があると思います。また、「自分のような歯並びも矯正で治すことができるのだろうか?」と、不安に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

矯正歯科治療

そんな方には歯の矯正歯科治療がオススメです。

<矯正歯科治療のメリット>
●虫歯や歯周病になりにくくなる
●美しい歯並びになり、笑顔に自信が持てる
●整った口元になる
●発音がよくなる
●よく噛めるようになる

【当院の特徴】目立ちにくい矯正装置をご用意しています

歯には、力を加えるとその方向に移動する性質があります。その性質を利用して、歯列を美しく整えていくのが矯正歯科治療です。口の中に矯正装置を入れて歯に一定の力をかけ、ゆっくりと時間をかけて歯を動かしていきます。

【当院の矯正治療の特徴】目立たない矯正装置を取り揃えています
目立たない矯正装置無理なく矯正するためには、ある程度の時間(期間)を要します。それだけに、「矯正装置が目立たないこと」は、大人になってから矯正治療を始める患者さまにとって、一番大切なポイントではないでしょうか?

そこで当院では、目立たない矯正装置を取り揃えています。具体的には、

●透明で目立ちにくいクリアタイプ
●歯の裏側につけるリンガルタイプ

をご用意しています。もちろん、広く一般的に使われているタイプもありますので、患者さまのご希望を伺った上で、一番適したものをお奨めしています。

クリアタイプ■クリアタイプ
ワイヤーは金属ですがブラケット部が透明で、歯になじみ、通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

セラミックタイプ■セラミックタイプ
歯に装着するパーツが白いセラミック(陶器)で出来ているので、歯と良くなじみ、目立ちにくいのが特徴です。耐久性、審美性に優れているので、女性に人気の矯正装置です。

フルリンガルタイプ■フルリンガルタイプ
上あご、下あごともに、矯正装置を歯の裏側につけるタイプです。メタルタイプと比べると、矯正期間がやや長くなりますが、外観からは治療装置がまったく見えなくなります。

装置をつけたときの顔の印象もまったく変わらないため、「歯並びを綺麗にしたいけど装置が目立つのがイヤだ」と矯正を敬遠していた方や、営業や接客業など、人前に立つ仕事をされている方にも安心して矯正にトライしていただけます。

矯正歯科のメリット

矯正歯科のメリット「歯の矯正って、子供の頃にするものじゃないの?」-そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 確かに、あごの骨格から治療できる子供の頃の方が矯正しやすい面はあります。でも、大人になってからでも矯正は可能ですし、いくつものメリットがあるのです。

<大人の矯正治療のメリット>
・笑顔が華やかになる
口元に自信があると、手で隠したり下を向いたりしないので、自然と笑顔が明るく華やかに。健康的で若々しい印象を与えるポイントとしても、美しい歯並びはとても重要です。

・噛み合わせが良いと歯が長持ちする
噛み合わせの良し悪しは、お口の健康に大きな影響を与えます。噛み合わせが良いと、歯全体でバランス良く食べ物を噛むことができます。そして、バランス良く噛めると、噛む力によって歯や歯を支えている骨が傷んだり、治療した歯が壊れたりするリスクが低くなります。

・歯磨きがラクで、きちんと磨ける
歯並びが良いと、歯ブラシが届きにくかったり、磨き残しが出来てしまう箇所がなく、口の中の掃除がラク。虫歯や歯周病の原因となるプラークや歯石がつきにくくなります。

・自浄作用でお口の中がきれいに保たれる
歯並びが良いと、唇や舌、頬が歯列にフィットしているので、食べカスは唾液とともに流されやすく、お口の中は常にきれいな状態で保たれます。このように、お口が本来持っている自浄作用が効果的に発揮されるので、虫歯や歯周病のリスクが低くなります。

・全身に好影響がある
歯並びの悪さが原因で、肩こりや顎関節症を引き起こしているケースが多々あります。つまり、歯並びの矯正は、審美性を高めるだけでなく、肩こりや顎関節症の改善につながるなど、全身的に良い影響が期待できる治療でもあります。

矯正歯科治療の流れ

<STEP1 初期相談>
お口を拝見し、矯正治療の概略や可能性についてご説明いたします。治療に関して不安なことなどがありましたら、納得のいくまでご相談ください。当院では、しっかりとしたカウンセリングを心がけています。
次へ

<STEP2 精密検査>
より詳しい情報を知るための検査として、 診断に必要な歯型、顔や口の中の写真、レントゲン写真、その他の診断用資料の検査を行います。
次へ

<STEP3 診断>
検査結果をもとにした治療プランを十分にご説明させていただくとともに、患者さまのご希望をお聞きした上で、適切な治療方針を決めていきます。また、実際に治療を進めるかどうかは、治療内容を確認した上でご判断いただけます。
次へ

<STEP4 歯磨き練習>
歯に矯正装置を装着すると、それ以前とは口腔内の状態が変わるため、歯磨きが難しくなりますので、口腔衛生について、徹底した説明とアドバイスをさせていただきます。また、磨き残しによって虫歯が発生しないように、矯正装置装着後も定期的に歯磨き指導を行っていきます。
次へ

<STEP5 装置装着>
初診から数回目までのご来院に関しましては、装置を取り付けるために、少なくとも60分~120分ほどのお時間をいたただいています。治療の際には、お時間に余裕を持ってご来院ください。
次へ

<STEP6 治療開始>
治療期間は、治療内容や症例の内容などによって個人差がありますが、成人の場合は1.5~2.5年が目安です。通常の通院ペースは3~6週間に1回程度、定期観察の場合は2~6か月に1回通院していただきます。

また、初診から数回目までは、装着に60分~120分ほどのお時間をいただきますが、その後の通院は調節や監察が目的となりますので、たいていの場合、30~50分程度で済むようになります。
次へ

<STEP7 保定治療>
装置が取れた後の歯は、何もしないでおくと元に戻ろうとして、少しずつ動いてしまいます。歯を支える骨や歯周組織が安定し、矯正した歯を望ましい位置で保持できるようになるまで、保定装置を装着します。この段階での通院は、2~6か月に1回となります。

あなたはどのタイプ?

矯正治療は、さまざまな悩みやコンプレックスを解消することに繋がる治療です。実際の症例を挙げておきますので、ご自身の歯並びの悩みがどのタイプになるか、チェックしてみてください。

歯がデコボコ歯がデコボコ
●歯列が凸凹していると感じる
●歯に食べカスが残りやすい
●笑うと犬歯が見える

一般的に、「叢生(そうせい)/乱杭歯、八重歯」などと呼ばれる症例です。あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪いために、歯がデコボコに生えたり、重なったりしている状態。歯を磨きにくいため、虫歯や歯肉炎を起こしやすくなります。

受け口が気になる受け口が気になる
●口を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている
●あごがしゃくれている
●下あごが発達しすぎている
●上手く咀嚼ができない
●言葉が聞き取りにくい、と言われることがある

「反対咬合(はんたいこうごう)/下顎前突(かがくぜんとつ)」と呼ばれる症例。遺伝的要因の影響が大きいですが、上唇を噛んだり、舌を突き出すなどのクセが原因の場合もあります。永久歯が生え揃った状態での反対咬合には、矯正以外の治療方法はありません。

出っ歯に悩んでいる出っ歯に悩んでいる
●上の前歯が下の前歯よりも、極端に前に出ている
●上唇が上ったままで、口を閉じにくい
●無理して口を閉じると、口元が不自然に歪む

「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」という症例で、一般的には「出っ歯」と呼ばれます。前歯の角度異常、上あごが成長し過ぎている、下あごの成長不足、幼少時の指しゃぶりのクセ等が原因。また、発育過程で鼻に疾患を抱え、口呼吸になっている子どもにも多く見られる症状です。

噛み合わせが深い噛み合わせが深い
●噛み合わせると前歯が深く沈み、上の歯が下の歯を隠してしまう

「過蓋咬合(かがいこうごう)/ディープバイト」と呼ばれる、噛み合わせが深すぎる状態。前歯への負担が大きくなり、他の症状と複合するケースも多く見られます。笑ったときに上あごの歯肉が見えてしまったり、下の前歯が上あごの内側の歯肉を傷つけて炎症を起こすこともあります。

前歯がうまく閉じられない前歯がうまく閉じられない
●口を閉じても、上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
●舌を前方に突き出すクセがある
●麺類などの食べ物が前歯で噛みづらい

「開咬(かいこう)/オープンバイト」と呼ばれる症例で、原因は、幼少時の指しゃぶりや、舌を突き出すクセ、口呼吸などです。上下の前歯を閉じても隙間ができるため、前歯で食べ物を噛み切ることが難しく、発音しづらいため、言葉が不明瞭で聞き取りにくくなることもあります。

すきっ歯で悩んでいるすきっ歯で悩んでいる
●歯と歯の間が空いている
●サ行などが発音しにくい

「正中離開(せいちゅうりかい)/空隙歯列」である可能性があります。あごと歯の大きさが合っていない場合や、そもそも生えてきている歯が足りないことが原因となります。歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態なので発音がしにくく、見た目もよくありません。

カテゴリー一覧

まずは、お口のお悩みをご相談下さい

まずは、お口のお悩みをご相談下さい

トップへ » 治療案内 » 矯正歯科治療


PAGE TOP