トップへ » 治療案内 » インプラント » 当院のインプラントの特徴

当院のインプラントの特徴

当院のインプラント治療【当院の特徴1】CTを使った診査診断で、正確な治療を行います
これまでの治療では、歯科医が持つ経験、勘を頼りにインプラントを入れていました。しかしこれでは、経験豊富な医師と、浅い医師との技術が大きく反映されています。実際、過去にもインプラントを入れる際の深さを誤り、大きな事故に繋がってしまったケースもありました。

こういった事態を避けるために、当院のインプラントでは、治療前にCTスキャンを使います。

CTの優れている点は、コンピュータ上で骨の作りを3次元で再現できるところです。これにより、レントゲンでは分からなかった、骨の奥行き、骨の幅、厚みを正確に知ることできるようになりました。今では、インプラントの治療に欠かせない検査の1つになっています。

<歯科用CTの導入メリット>
●インプラントを入れる位置、方向のシミュレーションが可能
●難易度の高い場合でも手術できる
●事前の確認が可能なため、メスで開くことが少ない⇒患者さまの負担軽減
●治療時間の大幅な短縮

インプラント光照射器【当院の特徴2】【インプラント光照射器】骨と密着しやすい状態をつくります
当院は、日本の限られた施設のみに使用許可がおりた新しい機器である「光照射器」を保有、設置しています。この光照射器を使ってインプラント体に特殊な処置を施すと、インプラントが骨と密着しやすい状態になります。

実は、インプラントの材料であるチタンには、製造後、時間経過と共に骨との接着力が劣化するというデメリットがあります。劣化してしまった場合、せっかくインプラントを入れても骨とうまく結合せず、抜け落ちてしまうといったことがありました。

ところが、最近の研究で、紫外線の照射でその接着力が回復するということが解りました。これにより、インプラント体と骨の結合状態が強い状態に保たれ、インプラント手術の成功率がより向上したのです。

<光照射器のメリット>
●インプラント体と骨の結合状態が強い状態に保たれ、短い時間で治療完了できる
●インプラント手術の成功率がより向上する

【当院の特徴3】【増骨手術】骨が足りなくてインプラントによる治療を断念した方へ
「あごの骨が少なくなっているので、インプラントは打てない」と、他院でインプラント治療を断られた方はいらっしゃいませんか? 歯周病や虫歯の悪化により、一度、歯を抜いてしまいますと、あごの骨への刺激が少なくなることや、入れ歯などによる圧迫により、あごの骨が薄くなってしまう傾向があります。

そういった経緯であごの骨が薄くなった患者さまでも、あごの骨を補うことによって、インプラントが可能となる場合があります。これらの手術は「増骨手術」とよばれ、患者さまのあごの状態により、様々な治療を行います。

「増骨手術」には、下記のような種類があります。

●【サイナスリフト】
上あごの骨が少ない場合に行う手術です。上あごの奥歯の上方には、「上顎洞(サイナス)」という空洞があります。この空洞に補填材(骨と同様の組成で自家骨に置き換わっていくもの)を填入することで、骨をつくっていきます。

●【ソケットリフト(オステオトーム)】
サイナスリフトと同じく、上あごの骨が少ない場合に行う手術です。ソケットリフトは、4mm以上の骨の厚みがある場合に行われます。骨の厚みがそれ以下の場合は、サイナスリフトを行う場合が多いです。

●【GBR】
骨が不足している箇所に、特殊な膜を覆うことで骨を作るスペースを確保します。その中に、骨のもとになる素材を詰めていき、骨の再生を促してきます。

痛みに配慮したインプラント【当院の特徴4】痛みに配慮したインプラント
歯科治療には、「痛い・怖い」というイメージを持っている患者さまが多いと思いますが、当院では、なるべく痛みやストレスを感じさせないよう、細心の注意を払っています。

すべての診療台に電動麻酔器(無痛麻酔器)を設置し、電動麻酔器を使用する前には、表面麻酔も行います。

さらには、極細の注射針を使うことや、痛点が少ない箇所に針を刺入するといった工夫もしますので、針を刺すときの「チクッ」とする感覚もほとんどありません。


トップへ » 治療案内 » インプラント » 当院のインプラントの特徴


PAGE TOP