トップへ » 治療案内 » 義歯

入れ歯の違和感にお困りの方へ

こんな悩みをお持ちの方はいませんか?

●「入れ歯が痛くて使いにくい」
●「食べたり話したりすると浮いて外れてしまう」

悩みをお持ちのまま、我慢して使っている方はいらっしゃいませんか? 義歯は、見た目を補うためだけのものではありませんので、噛む機能をきちんと回復させられる義歯を使用することが大切です。

違和感にお困りの方へ

入れ歯の噛み合わせが合っていないと、

●食事を美味しく召し上がることが出来ない
●肩こりや頭痛に悩まされる
●顎関節症や頸椎・胸椎・腰椎等の脊柱に障害(椎間板変形による神経障害など)

といった深刻な悪影響を及ぼす場合もありますので、義歯の不具合は我慢せず、ぜひ、ご相談いただきたいと思います。

噛むことと認知症の関係について

噛むことと認知症の関係咀嚼(口の中で食べ物を良く噛み砕き、味わうこと)は、脳への刺激となることから、認知症と関連性があるのではないかと考えられています。

実際に、認知症が進んでいる高齢者の中には、合っていない義歯を使用していたり、流動食に頼っているケースが多いのです。

さらには、義歯の噛み合わせを調整し、きちんと噛んで食事をする習慣を取り戻した結果、認知症の症状が改善したという報告も少なくありません。

もちろん、しっかり噛むためには、自分自身の歯を残すことが理想です。それが叶わなかった場合の次善策として、義歯をしっかりと調節することが大切なのです。

【当院の特徴】あなたにピッタリな入れ歯を提供します

痛くならない義歯を
【当院の特徴1】お口にぴったりフィットした、痛くならない義歯をご提供
当院では、患者さまのご希望をじっくり伺った上で、丈夫で長持ちする入れ歯作りを心がけています。

その上で、
●「落ちない・浮かない・痛くない」
●「見た目が美しい」
●「噛む機能を回復できる」

といった高度な入れ歯をご提供するよう力を注いでいます。

最適な入れ歯をご提案【当院の特徴2】お口にぴったりフィットした、痛くならない義歯をご提供
入れ歯には、保険が適用できるプラスチック床のものから、装着感に優れたソフトデンチャー、耐久性が高い金属床など、さまざまな種類があります。また、それぞれに特徴や特性があり、使用する素材や構造などによって耐久性や費用も異なります。

ご提案するときは、患者さまのお口の中の状況やご要望、ご予算などをお伺いし、各種入れ歯のメリット・デメリットをしっかりお伝えした上で、お選びいただいています。入れ歯についてのご要望や質問がございましたら、遠慮なくご相談ください。

【当院のお奨め】コンフォートデンチャー(総義歯・部分義歯)

コンフォートデンチャー通常の入れ歯の場合、歯ぐきに当たる部分が硬い素材で出来ているため、強く噛んだ時に痛みを感じることがあり、噛む機能を充分に発揮させられないケースがあります。そこでお奨めしたいのが、コンフォートデンチャーです。

コンフォートデンチャーとは、入れ歯の裏面を生体用シリコーンで覆った、まったく新しい入れ歯技術です。

<コンフォートデンチャーの特徴>
●生体用シリコーンの弾性が歯ぐきにかかる負担をやわらげます
●驚くほどの吸着力発揮します
●「痛い・噛めない・外れやすい」といった従来の入れ歯の悩みを解消します
●歯ぐきをやさしく保護します

その他の入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー(インプラント義歯)ノンクラスプデンチャー(インプラント義歯)
通常の総入れ歯と違い、インプラントによって入れ歯を固定するタイプの入れ歯です。取り外しも簡単で衛生的、且つ、食べ物を「噛みしめる」感覚もあり食事も美味しく召し上がることができます。今の総入れ歯での食事に悩んでいる方にオススメをしています。

●食事の「噛みしめる」感じを味わえる。
●上あご部分(口蓋)が覆われていないため、自然に近い状態で食事や会話ができる。

金属義歯金属義歯
快適性や安定性に優れた、丈夫で薄い金属義歯(入れ歯)です。

●お口に入れた時の違和感が少なく、食事や発音がしやすい
●金属義歯は熱をしっかり伝えてくれるので、火傷などを防ぐことができる

保険適用の精密義歯保険適用の精密義歯
保険適用の義歯(入れ歯)はプラスチック床が中心となりますが、普段使いには支障ありません。入れ歯を作るのが初めての方や、入れ歯にするかインプラントにするか迷っている方には、まずはこちらで入れ歯に慣れたり、試したりすることをお勧めしています。

カテゴリー一覧

まずは、お口のお悩みをご相談下さい

まずは、お口のお悩みをご相談下さい

トップへ » 治療案内 » 義歯


PAGE TOP