トップへ » 治療案内 » 審美治療 » 【当院の特徴】短期間で対応も可能なセレックを導入

【当院の特徴】短期間で対応も可能なセレックを導入

セレック「目立つ銀歯をどうにかしたいけど、時間がない」
「治療したいがお金に余裕がない」

こうした審美・美容意識の高い時代のニーズに応えるため、当院では、セレックシステムを導入しています。

このシステムを用いれば、天然歯に限りなく近い色と質感を併せ持つ新セラミックブロックと3Dコンピュータによって、詰め物や差し歯を院内で設計・加工できます。

<セレックは、こんな方におすすめ!>
●治療に時間をかけたくない方
●白くてきれいな歯を希望される方
●銀歯を自然な白さのものに替えたい方
●金属アレルギーをお持ちの方
●治療費用を抑えて審美治療を受けたい方

セレックシステムセレックシステムが短期間を実現する理由
セレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取る必要がありません。

3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。その後は、コンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。

歯科技工所に依頼する必要がなく、一連の作業をすべて自院で処理することができます。また、規格化されたセラミックブロックを使用することで、審美性・耐久性に優れた仕上がりで、治療費用の削減さえも可能にしました。

<セレックの3つの特徴>
●治療にかかる時間が短い。
●設計から加工まですべて自院でできるので、治療費用を抑えられる。
●規格化されたセラミックにより、自然な美しさを再現できる。

セレックを用いた治療の流れとは?
短期間でセラミックの治療が完了するセレック。その具体的な治療は、次のような流れで行われます。

・Step1 スキャン(型取り)
治療する部分を削ったあとは、3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)。型取りの不快感を味わうことはありません。わずか数秒の作業で、患部の歯列がモニター上に再現されます。(※症例により型取りが必要な場合もあります)

次へ

・Step2 修復部設計
スキャンした画像を元に、コンピュータの3D画面上で修復物を設計。モニター上で、あらゆる角度から歯の形態や噛み合わせの調整を行い、形にしていきます。設計後はさまざまな色のセラミックブロックから選定します。

次へ

・Step3 修復物作製
コンピュータで設計されたデータをもとに、ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)がセラミックブロックを削り出し、修復物を整えていきます。

次へ

・Step4 口腔内セット
口腔内へセットして治療完了です

先進的な接着技術を用いて削り出されたセラミック歯を口腔内へセット。これで治療完了となります。このStep1からStep4までの工程に要する時間は、たいていの場合は約1週間程度です。

※その日に出来上がる「ワンデイセレック治療」も行なっておりますが、別途費用が必要となります。詳しくは当院までお問い合せください。

セレックについてもっと知りたいという方は、下記のバナーをクリック下さい。
宝樹会「審美治療」サイト


トップへ » 治療案内 » 審美治療 » 【当院の特徴】短期間で対応も可能なセレックを導入


PAGE TOP