トップへ » 治療案内 » ホワイトニング

当院のホワイトニング

ポリリンプラチナホワイトニングで白い歯に

当院ではポリリン酸を使ったポリリンプラチナホワイトニングを行っています。
従来のホワイトニングでは使用する薬剤により白さの後戻りがあったり、施術後一時的に歯がしみるようになったりと、良いことだけではありませんでした。

ポリリン酸を使ったホワイトニングは漂白に使う薬剤を変えることで「より白く」「痛くなく」「色の後戻りが少ない」、患者様に優しいホワイトニングとなっております。ご興味のある方はご来院の際に医院スタッフにお声掛けください。


自然な色の白さが期待できます

通常のホワイトニングは、従来のホワイトニング剤にも含まれている過酸化水素の反応により、歯の内部にまで入り込んだ着色物質を分解(漂白)します。
ポリリンプラチナホワイトニングは「分割ポリリン酸Na」により漂白効果がアップするため、従来のホワイトニング剤を用いたときよりも、個人差はありますが、より白くすることが期待できます。


白さが後戻りしない理由

「分割ポリリン酸Na」のコーティング作用により歯の表面にガラスの膜を張るため、より美しく、透明感のある白い歯になります。
またこのコーティング作用は、コーヒーやお茶などに含まれる色素(ステイン)の付着を防止する効果があり、白さを持続させます。

ポリリン酸の仕組み


このような方にオススメです!

●「歯の黄ばみが気になって、大きく口を開けて話したり笑ったりできない」
●「真っ白な歯に憧れる!」

このような方におすすめしています

そんな悩みや願いを持っている方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
このような、歯磨きやクリーニングでは落ちない黄ばみや黒ずみを、歯を削ることなく白くする方法がホワイトニングです。

具体的には、歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、歯の黄ばみや色素を分解していきます。天然の歯を白くするため、自然な色の仕上がりになり、笑顔の魅力度が格段にアップします。

従来のホワイトニングとの比較

ポイント 従来のホワイトニング ポリリンプラチナホワイトニング
白さ 白さは際立つが、透明感が少ない白さ。 プラチナナノコロイド効果により美しさと自然な白さ。
痛み 水分を抜き取る作用があるため、知覚過敏になりやすい。 「分割ポリリン酸Na」が脱水された部分に浸透し、痛み・凍みを緩和。
長持ち
(色戻り)
歯のコーティング効果がないため、施術直後は特に着色しやすい。 歯をコーティングし汚れが付着しづらい。また透明感のある白さが持続。
保護力 ホワイトニング剤を歯の表面に塗り、色素を分解。歯にダメージが残る。 ポリリンコーティングにより、歯を傷つけにくい。歯の表面もコーティングされ歯質が強化。
食事 施術直後は特に食事制限あり。色素の強いカレー・コーヒー・ワイン等に注意が必要。 食事制限の必要なし。
施術時間 施術後2~3週間の間隔を空ける。 1日何回でも可能。

ホワイトニングの料金

項目 内容 料金(税別)
ポリリンプラチナホワイトニング
シンプルコース
上下12本 6,000円
ポリリンプラチナホワイトニング
スタンダードコース
上下16本 8,000円
ポリリンプラチナホワイトニング
デラックスコース
上下20本 10,000円
クリーニング お口のクリーニングを行います。 3,000円

※初めての方はホワイトニングの効果を高めるために、各コース3回+クリーニングを受けて頂きます。その分の費用がかかります。
※令和元年10月、金額は税抜表記となります。

ホワイトニングのQ&A

Q. ホワイトニングを受ける際に制限はありますか?
A. ホワイトニングの実施には特に制限はなく、ほとんどの方が治療を受けることができます。ただし、歯の状態によっては下記のように注意が必要な場合もあります。

・エナメル質や象牙質の形成不全があり、それが原因で歯の変色がある方
上記に該当する方は、期待どおりの効果が得られない場合があります。

・歯に大きなヒビや傷がある、あるいは知覚過敏の方
上記に該当する方は、薬の刺激でしみることがありますので、治療を受ける前に歯科医師へご相談ください。

Q. ホワイトニング安全性は?
A. 歯や全身の健康を害するようなことはありません。ホワイトニングの薬剤の主な成分は、世界で最も基準が厳しい米国食品医薬品局の基準をクリアした過酸化水素または過酸化尿素が使われております。
まれに薬の刺激で歯にしみることがありますが、アメリカで数十年の臨床実績があり確立されている治療となります。

Q. どのくらい白さを保つことができますか?
A. ホワイトニングでよく言われる後戻りとは、完全に治療前の状態に戻ることではなく、少しずつ白さが抜けていくことを指します。この後戻りを少しずつ遅らせることが可能なホワイトニング専用の歯磨き剤があります。ホワイトニング治療後にお使いいただくことで、白さを長持ちさせることができます。歯の状況にもよりますが、お手入れ次第では年単位で保ち続ける方もいらっしゃいます。

なお、カレーやコーヒーなど色素の強い飲食物を摂り続けると、再着色することがあります。変色がひどくなる前に、3ヶ月から半年に一度、歯のクリーニングやPMTCを受けることをおすすめします。

Q. ホワイトニング中に痛みはありませんか?
A. オフィスホワイトニングは、安全管理が行き届いた歯科医院で、専用機器を使って処置しますので痛みはありません。ホームホワイトニングも痛みはありませんが、薬剤の刺激を敏感に感じる知覚過敏が起きる場合があります。そのときは、一時的に使用を中止すれば落ち着いてきます。

なお、歯質などによっては、治療後に軽度の違和感が伴うことがありますが、時間が経過すれば自然に消えていきます。

カテゴリー一覧

まずは、お口のお悩みをご相談下さい

まずは、お口のお悩みをご相談下さい

トップへ » 治療案内 » ホワイトニング


PAGE TOP