2018年3月 « トップへ » 2019年4月

2019年3月28日

テスト無料矯正相談

矯正に関するご相談をこちらで受け付けています。
入力いただいた電話番号、メールアドレスへご連絡をさせていただきます。
無料矯正相談の申し込みを希望される場合、
医院より予約確定のためのお電話をさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

*は入力必須項目です。
※ご連絡は診療時間内のご対応をさせていただきますので、ご了承ください。
※携帯メールでお申し込みをする場合は、PCメールからの受信拒否を解除してください。(メール送信ドメイン→@houju-kai.or.jp)
※万一、5日以上経ってもご連絡が無い場合には 大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、
018-853-5045(医療法人社団 宝樹会・運営本部)まで、一度ご連絡くださいますようお願いいたします。
※送信して頂いた個人情報につきましては厳重に保管いたします。

内容 無料矯正相談の申し込みをします 
お問い合わせをします 
お名前 *必須 例)山田 太郎(全角)
フリガナ *必須 例)ヤマダ タロウ(全角)
メールアドレス *必須 例)aaa@bbb.jp
メールアドレス(再入力) *必須
※ 確認のため、コピーをせずにもう1度入力してください。
電話番号 *必須 例)0312341234(半角英数字)
電話連絡ご希望日時
例)月曜日の12時~13時に希望します。
ご相談内容・その他 ※具体的な矯正に関するご相談やその他お悩みがある場合、こちらにご記入ください。

2019年3月14日

矯正相談(無料)

相談だけという人でもOKです。お気軽にご利用ください。

● 歯科検診などで「矯正治療をした方が良い。」と歯科医師に言われて、どうしたら良いものかと悩んでいる。
● まずは費用の確認だけしたい。
● 治療期間がどのくらいになるのか?知りたい。
● すぐには始めるつもりはないが、いつ開始したら最適なのか?開始時期について相談しておきたい。
● 現在の歯並びについて歯科医師に一度診てもらいたい。
● マウスピース装置による矯正で治療可能かどうか診てもらいたい。
● 矯正治療についていろいろと質問したいことがある。

など、矯正治療に関するさまざまな疑問にお答えします。まだ矯正治療をするかどうか悩んでいる人でも、とりあえず相談だけしたいという人でもOKです。矯正治療を始める義務はございませんので、お気軽に矯正相談をご利用ください。

矯正相談の内容

問診
問診患者さんがどのようなお考えなのかを知ることは非常に大切と考えており、当院では問診に力を入れています。どんな些細なことでも構いませんので、治療に関する希望、疑問、悩みをお伝えください。


口腔内観察
口腔内観察歯科医師が、お口の中の状態を直接確認いたします。必要な場合は口腔内撮影を行います。不正咬合(歯並びが悪い状態)となった原因や今後の予測できること等をご説明いたします。


治療方針の提案
治療方針の提案歯科検診などで指摘された方には、治療が必要かどうかの判断もいたします。

また、患者さんの希望と現状の歯並びから考えられる治療方針(装置・治療期間・開始時期)についてご提案いたします。


費用の説明・見積もりの発行
費用の説明最後に、費用の説明を行います。


分割支払いプランも可能です。お見積りを発行いたしますので、お気軽にご相談ください。

当院の矯正相談の特徴

 すべての疑問を解決できるように時間を十分にとっています
十分な時間"以前、矯正相談を受けたことがある"という方のよくある感想として「聞きたいことが聞けなかった」という声があります。

大切なカラダの話しですので、じっくりとお話しして納得のいくまでご相談ください。


 個室で行います
個室歯並びにコンプレックスを持っている方も少なくありません。コンプレックスについて他人に聞かれるのは嫌なものですね。 また、お金の話しもしますので、プライバシーが確保される個室で矯正相談を行っています。


 歯科医師&女性スタッフの2人体制です
歯科医師と女性スタッフ専門の歯科医師からの説明だけではなく、女性スタッフが皆さまの疑問をじっくりと丁寧にお聞きします。 男性ドクターには質問しづらいこともお気軽にご相談ください。


 より具体的な内容で
より具体的に話内容が抽象的ですと、「何となく分かった」止まりになってしまいますね。それでは、治療をするもしないも判断できないと思います。 判断できるように治療期間・装置・費用など具体的にお話しします。


最後に

矯正治療は本当に素晴らしい治療です。なぜならば、当院で治療をした方のほぼ100%の方が
「治療をして良かった」と言います。

しかし、治療費の支払いに健康保険がきかない等のデメリットもあります。

皆さまにとって、 矯正治療が本当に必要なものなのか?
矯正治療をした方が良いのかしなくても良いのか?

など、まずは矯正治療について理解を深めていただければと思い、矯正相談を無料で行っています。

当院から無理に矯正治療を勧めることは一切しておりません。
矯正治療を知る機会として、矯正相談をご利用ください。

矯正相談の予約は 018-834-1182または
メール予約フォーム(24時間対応)
よりご連絡ください。

2019年3月13日

マウスピース装置による歯の矯正(インビザライン®) とは?

透明なマウスピースをつけることで歯並びをきれいにしていく方法です。従来の金属ブラケットをつける矯正治療に比べて、マウスピースは目立たないので、現在、最も人気のある矯正治療です。

「歯並びをきれいにしたいけど・・・、矯正の装置をつけるは嫌だ。」と、今まで一歩踏み出せなかった人が多いですが、マウスピース装置(インビザライン)が開発されたことで矯正治療をする方が急速に増えています。


Invisalign_Trio1.png mouse_image3.png

どのくらい目立つのか?

実際に、マウスピース装置をつけたとき、他人からどのように見えるのでしょうか。

左側がマウスピースをつけている状態、右側が従来の装置をつけている状態です。

何か付けているのかな?と気づく人も中にはいるかもしれませんが、近くに寄って注意して見なければ、基本的には他人に気づかれることはありません。

half_wire.png

気になる費用は?

「費用は、どのくらいなの?」という不安をお持ちの方もいると思います。マウスピース装置による矯正は、従来の方法よりも少し高く裏側矯正(歯の裏側に装置をつける方法)よりも安い治療費になっています。

項目 価格帯
 子供の矯正 25~45万 
 大人の矯正
従来の一般的な矯正  65~80万円 
裏側矯正  110~140万円 
マウスピース装置による矯正  80~100万円 
※全国の治療相場となり、この価格帯に当てはまらない場合もあります

「他人に気づかれることなく矯正治療をしたいが、裏側矯正は高額で支払えない。」という方が、マウスピース装置による矯正を選択しています。

どこの歯科医院でマウスピース装置による矯正ができるのか?

● マウスピース装置による矯正は新しい治療方法なので未導入の歯科医院が多い
● そもそも矯正治療をしている歯科医院が少ない

です。つまり、秋田県内でマウスピース装置による矯正ができる歯科医院が多くありません。

インターネットで「秋田 インビザライン」または「秋田 マウスピース矯正」と検索して、ホームページで"マウスピース型装置による矯正(インビザライン)」を紹介している紹介している医院であれば治療を受けることが可能です。
または、インビザライン・システムの公式ホームページより確認することもできます。 インビザライン・システム公式ホームページ

インビザラインは失敗するリスクが高い?

マウスピース装置(インビザライン)による矯正は、患者さんとってメリットが大きく、おすすめの方法です。具体的にメリットを挙げると、
● ほとんど装置が見えない
● 取り外しができるので食事が楽しめる
● 歯磨きなどのメンテナンスがしやすい
です。

しかし、リスクもあります。
● いつになっても治療が終わらない
● 歯並びがちゃんとキレイに治らない
ということが起きることがあります。

従来の矯正治療に比べ、インビザラインは限定的な治療です。インビザラインは、すべての患者さんに適応できる方法ではありません。ご自身が、上記に挙げたリスクを持つのか?リスクを持たないのか?
経験豊富な歯科医師に診断を受けてから治療を開始することをおすすめします。
マウスピース装置による矯正でも私の歯並びはきれいになるの? お口の中を拝見し、無料の矯正相談でお答えします。 矯正相談について確認したい方はこちらから

当院のインビザライン治療費

当院
治療費 調整料
(診察料)
インビザライン・フル 550,000円~ 5,000円
  ※治療費は、学会発表など症例写真を使用させていただく許可をいただける方に限ります。

分割払いを希望の方は、デンタルローンを利用した「頭金なし」「最大120回」の分割支払いも可能です。月々の分割支払いを1万円以下にすることも可能です。
まずは費用を確認したい

皆さま心配なお金の話し。無料の矯正相談でお見積りを発行いたします。
お気軽にご利用ください。
矯正相談について確認したい方はこちらから


INVISALIGN、ITERO、CLINCHECKはAlign Technology, Inc.またはその子会社または関連会社の商標および/またはサービスマークであり、米国および/またはその他の国において登録されている可能性があります。

2018年3月 « トップへ » 2019年4月


PAGE TOP