2018年3月30日 « トップへ » 2019年3月14日

2019年3月13日

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)による歯の矯正とは?

透明なマウスピースをつけることで歯並びをきれいにしていく方法です。従来の金属ブラケットをつける矯正治療に比べて、マウスピースは目立たないので、現在、人気のある矯正治療です。

「歯並びをきれいにしたいけど・・・、矯正の装置をつけるは嫌だ。」と、今まで一歩踏み出せなかった人が多いですが、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)が開発されたことで矯正治療をする方が急速に増えています。


Invisalign_Trio1.png mouse_image3.png

どのくらい目立つのか?

実際に、装置をつけたとき、他人からどのように見えるのでしょうか。

左側がマウスピースをつけている状態、右側が従来の装置をつけている状態です。

何か付けているのかな?と気づく人も中にはいるかもしれませんが、近くに寄って注意して見なければ、基本的には他人に気づかれることはありません。

half_wire.png

気になる費用は?

「費用は、どのくらいなの?」という不安をお持ちの方もいると思います。マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)による矯正は、従来の方法よりも少し高く舌側矯正(歯の裏側に装置をつける方法)よりも安い治療費になっています。

項目 価格帯
 子供の矯正 25~45万 
 大人の矯正
従来の一般的な矯正  65~80万円 
舌側矯正(裏側矯正)  110~140万円 
マウスピース型カスタムメイド矯正装置
(インビザライン)による矯正 
80~100万円 
※全国の治療相場となり、この価格帯に当てはまらない場合もあります

「他人に気づかれることなく矯正治療をしたいが、舌側矯正(裏側矯正)は高額で支払えない。」という方が、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)による矯正を選択しています。

どこの歯科医院でマウスピース型矯正装置を利用した矯正ができるのか?

● マウスピース型矯正装置を使用した矯正を導入している歯科医院が少ない
● それ以前に矯正治療を行っている歯科医院が少ない

です。
インターネットで「秋田 インビザライン」または「秋田 マウスピース矯正」と検索して、ホームページで"マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)」を紹介している紹介している医院であれば治療を受けることが可能です。
または、マウスピース型矯正装置を取り扱っている「インビザライン・システム」の公式ホームページより確認することもできます。 インビザライン・システム公式ホームページ

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は失敗するリスクが高い?

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)による矯正は、患者さんとってメリットが大きく、おすすめの方法です。具体的にメリットを挙げると、
● ほとんど装置が見えない
● 取り外しができるので食事が楽しめる
● 歯磨きなどのメンテナンスがしやすい
です。

しかし、リスクもあります。
● いつになっても治療が終わらない
● 歯並びがちゃんとキレイに治らない
ということが起きることがあります。

従来の矯正治療に比べ、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は限定的な治療です。すべての患者さんに適応できる方法ではありません。ご自身が、上記に挙げたリスクを持つのか?リスクを持たないのか?
経験豊富な歯科医師に診断を受けてから治療を開始することをおすすめします。
マウスピース型矯正装置による矯正でも私の歯並びはきれいになるの? お口の中を拝見し、無料の矯正相談でお答えします。 矯正相談について確認したい方はこちらから

当院のマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)治療費

当院
治療費 調整料
(診察料)
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン・フル) 550,000円 5,000円
  ※治療費は、学会発表など症例写真を使用させていただく許可をいただける方に限ります。
  ※患者様の治療時期、内容により料金は異なることがございます。詳しくはお問い合わせください。
分割払いを希望の方は、デンタルローンを利用した「頭金なし」「最大120回」の分割支払いも可能です。月々の分割支払いを1万円以下にすることも可能です。
まずは費用を確認したい

皆さま心配なお金の話し。無料の矯正相談でお見積りを発行いたします。
お気軽にご利用ください。
矯正相談について確認したい方はこちらから


INVISALIGN、ITERO、CLINCHECKはAlign Technology, Inc.またはその子会社または関連会社の商標および/またはサービスマークであり、米国および/またはその他の国において登録されている可能性があります。

2018年3月30日 « トップへ » 2019年3月14日


PAGE TOP