トップへ » 治療案内 » 一般歯科

虫歯治療で最重要なのは「早期発見・早期治療」です

歯磨きの時などに、歯の色が少し変わった部分を発見したのに、食べ物や飲み物が染みたり、痛みを感じたりはしないから...と放置してしまい、後から後悔した経験はありませんか?
虫歯治療

風邪の引き始めなどの軽い体調不良は、体力や免疫力があれば自然治癒することもありますが、虫歯の場合は、一度進行してしまったら二度と再生することはありません。

歯を失ってから後悔しないために一番大切なことは、早期発見・早期治療
歯を失ってから後悔しないために一番大切なことは、早期発見・早期治療です。早ければ早いほど、治療による患者さまの身体的な負担が軽く済み、治療期間や金額も抑えられます。染みたり痛んだりという不快感に至るより前の、見た目や違和感を感じた時点で、すぐにご相談していただくことをお奨めします。

虫歯のしくみ

虫歯のしくみ一般的に言う虫歯(う蝕)とは、口腔内に繁殖した細菌が、食べ物に含まれる糖質を餌にして発生させた酸が歯の表面を溶かして穴を開けていくことを差します。そして、この過程を「脱灰(だっかい)」と呼びます。

初期の脱灰であれば、唾液に含まれるカルシウムやリンによって修復することができ、この現象を「再石灰化(さいせきかいか)」といいます。このように、お口の中では食事をする度に、脱灰と再石灰化が日常的に繰り返されています。

つまり、日々の脱灰と再石灰化のバランスが取れて入れば、治療が必要なほどの虫歯にはならないのですから、毎日の歯磨きや、過重な糖質摂取を控えた健康的な食生活を送ることが一番の虫歯予防なのです。

ただし、過度の脱灰で再石灰化が追いつかなくなり、初期の状況以上に進行してしまった脱灰=虫歯は、二度と自然治癒することはありません。そうなってしまったときには、少しでも早くご相談ください。

虫歯の進行状態と具体的な治療方法

虫歯の進行状態は、専門用語で虫歯を指す「カリエス」の頭文字の「C」を用いて、C0~C4の4段階に分けられています。進行の度合いによって治療内容も変わってきますので、段階ごとの状況と主な治療方法を確認しておきましょう。

CoCo(シーオー:初期う触)
穴があいたり、黒くなったりしていませんが、歯の表面が溶け始め、虫歯が始まっている状態です。この段階であればフッ素入りの歯磨き粉を使って、きちんと歯磨きをすることで再石灰化させることが可能です。

C1C1(エナメル質う触)
虫歯菌によって歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされ、小さな穴ができた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。この段階では、虫歯の部分を必要最小限削り、保険適用内の白い詰め物をすることで治療が完了します。

C2C2(象牙質う触)
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで達している状態なので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。

虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了します。しかし、歯の深部にまで虫歯が広がっている場合には、麻酔をして患部を削り、型取りをして製作した詰め物を装着することになります。

C3C3(神経まで達したう触)
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かし、神経にまで到達した状態です。激しい痛みを感じる場合が多く、神経が壊死すると細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

C3レベルの治療には根管治療が必要となります。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

C4C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をしますが、症状によっては抜歯しなければならないケースも多い状態です。

【根管治療】歯の神経も丁寧に治療します

歯の神経も丁寧に治療過度の虫歯によって菌が神経にまで達してしまうと、日常の食事はもちろんのこと、何もしていなくても頬やリンパが腫れて常に痛みがある状態となり、生活に支障が出てしまいます。

菌によって神経が侵されてしまった場合には、神経と神経の通る根管を洗浄・殺菌します。洗浄・殺菌後は殺菌剤を詰めて密封しますが、消毒に必要な時間は菌の浸食具合によって変わってきます。

また、しっかり治療したとしても、一度傷ついた歯や神経は再感染しやすいので、定期的なメンテナンスや自己管理を怠らないように心がけましょう。

カテゴリー一覧

まずは、お口のお悩みをご相談下さい

まずは、お口のお悩みをご相談下さい

トップへ » 治療案内 » 一般歯科


PAGE TOP